So-net無料ブログ作成

業(ごう)

知ってほしい


座禅や

ヨガや

呼吸法や

食事法など


特別な

生理をなだめる技法を


肉体的に

環境的に

使えない人たちが

たくさんいることを


“暴れる生理“を

引きずったまま

日常生活をおくらなければならないひとが

大勢いることを


けれども

そんな人たちでさえ

幸福になれなければ

いかんのだ


認識によってではなく

成長によってではなく

技法によってではなく


すべての弱さ

それそのままに

肯定されてあらねば

ならんのだ


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

“超出”(ユーモア)

生理の声を聞いておるのだ


生理はけして成長しない

赤ん坊のようなものだ


だから僕は可哀そうになって

生理の話をずっと聞いてやっておるのだ


始終、飢え渇き

絶えず“欲しいよ”と泣きっぱなしのこいつ


たとえ自我が成長しても

たとえ管理するスキルがあがっても


絶対にこいつは手なずけられない


生理は


“寂しがり屋の暴君”なのだ


“永遠の野蛮”なのだ


簡単にいってしまえば

“宇宙そのもの”なのだ



手なずけることを諦めた時

少し道は開けるのかもしれない


ただ・・・

こいつの声をよく聞いてやること

こいつの動きをじっくりと観察してやること


その事の中に

生きる“矛盾”に対する

“超出”(ユーモア)

があるのかもしれない



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

他力の風

なんという僕の

罪と恥の多さ


あわれ

身もだえて

死にぞこなっておる




“善人なおもて往生す

いわんや悪人をや”




荒れ果てた前景に

不敵に

笑ってみる



自分の“愚”が

あらわになる



空っぽだ

まるで空っぽだ



かわいた風が

自分という

うつろな器の中を

通り過ぎていく



他力の風だ



身を投げ出して




僕は泣き崩れる












◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦◦•◦

あぁ~・・、誰かと話がしたい・・・




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メリークリスマス

誰かと


話したくなっている




めっぽう


寂しくなっておる



コメントもメールも

閉じちゃってるのに


今さら・・・・



好き勝手、書いてきて


ホントはなんて・・・



誰かと話したいだなんて・・・




メリークリスマス・・・




望まれなかった

愛されなかった

かまってもらえなかったひとのために



そっと祈りたい



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無縁の目

無音の焦燥が

じりじりと


お前も闘っているのか?

闇のような肉体と


その目


深海の底で


憎々しげに

うらうらと

光っている


魚族の目



僕と同じ目


痛ましく


自分をつらぬく


誰にも知られない

さみしい


無縁の目













コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不満も・・・

不満もないのか冬木立ち

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

うれしいことも・・・

うれしいことも悲しいことも草しげる


                              種田山頭火



救いもない

励ましもない


人の営みから遠く離れた

うら悲しく

寂しい

この荒涼とした風景に

何故、僕はこんなにも慰められるのか


病み疲れたこころが

どこかで求めているのかもしれない


突き放されてあること


管理すること

管理されることから逃れ


“粗暴な故郷”へ

帰ることを




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

余地

むきだしの実存と

にらめっこなんて

まっぴらよ


私は自由

軽やかに幻想して

力をたくましくするの


私はなんだって肯定できる

だって悲しみのことを知っているもの


人間には愛が必要よ

やさしさが

あたたかさが

寛容が必要よ


どんな状況にあっても

私は今を遊ぶ


1000の方法でだめなら

1001個目の方法を探すわ


それが見つけられなかったら

もう、探している態度だけしているわ

それで充分よ


絶望してる今よ

暗くみじめな今よ

今なのよ

私の舞台は


わたしの名前は“余地”

あなたにわたしを届けたい


愛を込めて



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

喜びや・・・

喜びや幸福は

いつも

悲しみを拠り所にしている


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

僕を定義するもの

悲しみこそが

僕を定義するもの


こんな良い日和に

僕は自分の影ばかりを

地面に見ながら歩いている


病名でもない

環境でもない


悲しみこそが

僕を定義するもの


自分を管理することなんてできない


なぜなら

悲しみこそが全てであるから


“生きて”“死ぬ”という

“絶対矛盾”


僕はそれ以外に

何も知らない


だから君の事も

病名や

環境で

定義することはできない


唯一、僕らは

この“絶対矛盾”という

悲しみの中でなら

共感しあえる


悲しみこそが

君と僕を定義するもの


悲しみこそが

君と僕を結ぶもの





コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。